生活のコツ

時短ワーママの1日のスケジュール(平日&週末編)

ママになる前は、8時に起きて8時半の電車に飛び乗る(当時は駅歩5分)なんてことは当たり前でしたが、育休が明けて産前と何が変わったって、起きてから家を出るまで悠に1時間はあることでしょう。

その1時間が全く「悠」でないのは、世の様々なワーママのみなさまと同じです。

必要は発明の母とはよく言ったもので?
絶対余裕を持って起きなかった私が、苦もなく起きれるようになりました。

共働きを回す1週間の料理の工夫今日の夕飯なに作ろう…の悩みは週に2回だけ。食事づくりを仕組みかしてしまうことで、考える時間を出来るだけ少なく。1週間のカレンダーを図付きでご紹介します。...
2歳の朝食にパンが無い日はオートミールで代用
2歳の朝食にパンが無い日の救世主オートミールパンを書い忘れた朝のためにオートミール常備のススメ。毎日出そうかと思うほど瞬殺で食べてくれます。...

とある時短ワーママの平日タイムスケジュール

現在は9:00-16:30の時短勤務中です。朝起きる時間は極端に早くないですが、私にとっては6時台は革命的。

こちらが平常運行時の平日スケジュールです。

朝のスケジュール

Time 朝のスケジュール
06:45am 起床
07:00am 朝食
07:55am 出発→送り
09:00am 始業

 

夜のスケジュール

Time 夜のスケジュール
16:30pm 終業
17:20pm お迎え→帰宅
18:00pm 娘の夕飯
19:00pm 大人の夕飯
19:50pm 娘と私のお風呂
20:30pm 寝かしつけ
23:00pm 就寝

 

家事時間の短さの秘密

こうして並べてみると、起きてから15分で朝食とか。
お迎えから娘の夕飯まで40分とか。

「書き間違い?」と思うようなとこがありますが、一応この通り活動しています。

家→(3分)→保育園→(2分)→駅の動線が短い、というお恵みもありますが、

仕組み化

を意識して家事をこなすことで、ストレスを出来るだけ減らして時短の効果が大きいように思います。

もちろん、毎日こんなにうまくいかないので、ところどころ、
・お行儀の悪いことをしたり(立ったままキッチンで朝食)
・秘密兵器を投入したり(出発間際の夫にあれこれタスクを言いつける)

少しずつではありますが、日々の時短取り組みを紹介しながら
自分の原動力にもしたいと思っています。

 

我が家はあまり週末に予定を入れません。
3連休に、保育園のイベントや、動物園や水族館などの外出、遠方から祖父母が遊びに来るような日もありますが、多くても月に1回くらい。

普通の週末は都道府県から出ず、沿線3-5駅圏内を出ず、むしろ徒歩圏内で過ごす。 そんな日々です。

とあるワーママの週末タイムスケジュール

ワーママの週末スケジュール

午前のスケジュール

娘もうすぐ2歳。娘のお昼寝タイム = 大人の憩いの時間。
週末のスケジュールは土曜日も日曜日もだいたい同じ。
唯一違うのが、作りおきに関するもの。

土曜日はメニュー決めから食材や日用品の買い出しと、野菜の下ごしらえ、日曜日は調理と、2日間に分散されています。

Time 週末午前のスケジュール
07:30am 起床
08:00am 朝食
09:00am 家事全般(掃除・作りおき)
10:00am 買い出し&娘のお散歩(夫)
11:30am 昼食

午後のスケジュール

Time 週末午後のスケジュール
13:30pm 娘のお昼寝(2時間)
16:00pm ヨガクラス(土のみ)
18:00pm 娘の夕飯
19:00pm 大人の夕飯
19:50pm 娘と私のお風呂
20:30pm 寝かしつけ
23:00pm 就寝

 

共働きを回す1週間の料理の工夫今日の夕飯なに作ろう…の悩みは週に2回だけ。食事づくりを仕組みかしてしまうことで、考える時間を出来るだけ少なく。1週間のカレンダーを図付きでご紹介します。...

まとめ:変化のない週末を楽しむ技術

金太郎アメのように変化のない週末だなといつも思います。 だいたい同じ時間に起きて、だいたい同じ日程を過ごし、だいたい同じ時間に寝る。 食事のメニューもだいたい似たものを毎週。

つまらない、と思う人もいるのかもしれないですが、個人的には悪くない。
仕事でパフォーマンスを出すには、土台となる脚腰がしっかりとしていないといけないわけで、変なミスをした日はやっぱり、プライベートが落ち着かなかった時だったりしませんか。

平日を穏やかに過ごすための準備をする週末がまた穏やかであることを目指しています。

Least Cost More Value.
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。ポチッと押していただけると励みになります。
先輩ワーママのみなさまの生産性の高い生活術を知るなら、
こちら

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ミニマムな時間とコストで気持ちの良い生活を送る秘訣を知るなら、
こちら

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

更新情報をいち早く入手するには、