生活のコツ

共働きのみなさん、STAUB(ストウブ)を買いましょう

共働き・ワーママこそストウブの購入をおすすめします、活用できます

数か月前、ちょっと大きな買い物をしました。
フランス製の鋳物ホーロー鍋STAUB(ストウブ)です。

まめか
まめか
届いて以来、ハマっています。なぜもっと早く買わなかったのか!

STAUBの登場により、平日の夕飯づくりが楽すぎて、楽すぎて、もう手放せない。全ての材料を切って放り込んで→塩ふって→火にかけて→湯気が出たら火を弱めてしばらく煮込む。工程はたったそれだけそれだけですよ!?奥さん!!

火の通りやすさで順番に材料を投入して行ったり、調味料を作ったり、焦げないように混ぜたり。一切ありません。放り込むだけ!

今回は、作り置き手抜き料理万歳だけど出来るだけ手作りをしたい、我が家のストウブ愛について語ろうと思います。共働き家庭にはマストアイテムだと信じて疑わない私から。初めて購入する方に、20cm/22cm/24cm辺りでオススメの鍋のサイズとレシピ本も合わせてご紹介。

まめか
まめか
これを読んだら、多分欲しくなると思います。買わないに7割傾いている方はお気をつけて。
共働きのストウブ、ル・クルゼ、バーミキュラの選び方
共働きは、ストウブ / ル・クルゼ / バーミキュラ、どれにする?働くママが無水調理をするなら、STAUB(ストウブ)、Le Cruise(ル・クルゼ)Vermicular(バーミキュラ)の中ではストウブがおすすめ。その理由をご紹介します。...
共働きを回す1週間の料理の工夫今日の夕飯なに作ろう…の悩みは週に2回だけ。食事づくりを仕組みかしてしまうことで、考える時間を出来るだけ少なく。1週間のカレンダーを図付きでご紹介します。...

STAUB(ストウブ)のほったらかし調理がすごい!

我が家は週末に作りおきをしています。

3-4品を日曜朝に作って水曜昼までに食べきるサイクル。水曜の夜になると、「やばい、夕飯を作らねば」ですが、ストウブが一番活躍しているのはココ!

まめか
まめか
ほったらかし調理がとにかく便利 

保育園のお迎えから帰ってきて、子どもに「遊ぼう」とせがまれるけど家事がある、働くママのあるある。キッチンのゲートの所で、「ママー」と構ってほしそうなムスメを横目に慌ただしく料理をする。料理にかかりっきりになっていて、子どもが泣き始めたりすると、こちらも消耗してくる。

その点、ストウブで作っている主な料理は、食材をざく切りにして調味料を入れ、蓋をして火にかけるだけなので、調理中に子どもと遊ぶ時間や翌日の準備をする時間などが取れるようになりました。
火加減を見にキッチンと行き来する程度でメインが出来てしまう。しかも「煮込み」だけでなく本来「炒め」だったレシピにもほぼ同じ放り込むだけ工程で対応できる。

STAUBで作ったメインにトマトと納豆で、はい夕飯完成!!STAUBサマ、ありがとう!!

共働きを回す1週間の料理の工夫今日の夕飯なに作ろう…の悩みは週に2回だけ。食事づくりを仕組みかしてしまうことで、考える時間を出来るだけ少なく。1週間のカレンダーを図付きでご紹介します。...

STAUB(ストウブ)のサイズに迷った挙句、22cmにしたが・・・

我が家では、定番の丸型ココットラウンドの22cmのグレーを購入しました。

24cmと迷って重さにヒヨって22cmに。色は暗めのキッチンが出来るだけ明るくなるよう、でも目立ちすぎないグレーを。

 

22cmは非力な私でも上げ下げしやすくて、さすがに鍋いっぱいカレーが入っているときは「おいしょっ!」っていう重さですが、なんとか許容範囲。

まめか
まめか
でも、今ゼロから買い直すなら24cmを買うと思う・・・22cmは若干失敗した。

というのも、22cmはやっぱりちょっと中途半端なのです。カレーやポトフを満タン作るには少し小さいし、副菜を作るには少し大きい。重さと大きさのバランスは悪くないという感じ。

さらに、ストウブの使用頻度が増えすぎて一品作りたいときに、すでに冷蔵後の中に鍋ごとお料理が入っていることがあり、使えない事象頻発。もう一個欲しい!のですが、それこそサイズが中途半端。

ストウブはこれ1個だけ!!と決めている方には22cm悪くないと思いますが、2個持ちをご検討されている方は24cmか20cmどちらかから始めることをオススメします!もう一個欲しいと思ったときは4cm違いで持った方が主菜用と副菜用で使い方に幅出ます。

 

活躍しているレシピ本2冊

STAUB本体を購入したら、同時に大橋由香さんのレシピ本を入手するのが必須です。

大橋由香さんは厚木にあるストウブのビストロカフェ「はるひごはん」を経営されている料理研究家さんで、レシピ本には使いこなすためのコツがたくさん書かれています。

大橋由香:無水調理で驚きのレシピ革命! ストウブはじめまして

最初に購入した初心者向けの本が、大橋由香さんの「無水調理で驚きのレシピ革命! ストウブはじめまして」。

ストウブの基本的な使い方や使い方の理由(火にかけている間に中で何が起きているか)が図解されている点が非常に分かりやすい。

レシピは、ブロッコリーを蒸すだけとか、玉ねぎを焼くだけとか、米を炊くとか、素材そのものを活かした基本料理が多いのが特徴的。

大橋由香:ストウブで無水調理 肉

もう1つ新刊で、肉食のワタシにぴったりだったのが同じく大橋由香さんの「ストウブで無水調理 肉: 食材の水分を使う調理法/旨みが凝縮した肉のおかず」。野菜バージョンもあります。

こちらの方がレシピの種類は充実しているので、基本的な使い方よりもたくさんのレシピが載っている方が良い!という方にはこちらがオススメです。

どちらも冒頭に、鶏肉とキャベツを使った無水調理のレシピが出てきます。「ストウブを購入したら、まずはこれを作っとけ」がこの食材の組み合わせ

鳥モモ肉や豚バラといった油分の多いお肉が割とお得意な鍋。実際に、思わず「うまっ」と笑ってしまうおいしさなのに、食材を切って放り込むだけで出来るので、もはやこの鶏肉とキャベツの煮込みの登場率は週イチです。

まとめ:フルタイム目指した時短料理にホットクックかストウブか

まめか
まめか
今後、フルタイムを目指すにあたり、夕飯作りの時短は必須。

STAUBがあれば、朝食材を切って鍋に放り込み冷蔵庫に入れておき、帰宅後に火にかけるだけで夕飯ができるので、さらに夕方便利かも、と期待を寄せています。

おそらく、ここで火にかけるところまでタイマーでセットしてしまえるのが話題のヘルシオのホットクックなのだと思うのですが、一応、帰宅してから夕飯までに30分ちょっとの時間が持てているので、ストウブを火にかける時間はある。

フルタイムのスケジュールシミュレーションをする時に、この帰宅後30分ちょっと時間が残りそうかがホットクックを投入するかストウブで揃えるかの分かれ道かなと。

余談ですが、キャベツと鶏肉の煮込み以外にも、放ったらかし調理のチャプチェがヒットだったのですが、美味しすぎてオットがいつもよりたくさん食べてくれ、翌日に残らなかった…。生産性という観点において今後の課題です…。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。ポチッと押していただけると励みになります。
先輩ワーママのみなさまの生産性の高い生活術を知るなら、
こちら

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ミニマムな時間とコストで気持ちの良い生活を送る秘訣を知るなら、
こちら

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

更新情報をいち早く入手するには、