川崎市の保活

川崎市の保育園に入りたい!保育園の種類を知る

川崎市の保育園の種類を知る
まめか
まめか
保育園って種類が多すぎて、結局どこが良いのか分からない

認可、認定、認証、認可外、小規模認可、こども園。
保育園の種類はたくさんあります。種類が多いと却って選ぶのに困ってしまうのが人間というもので。

今回は保育園の種類について解説していきます。
我が家のムスメは、苦労した保活の末に認可外保育園に通っています。認可外ですがとても気に入っていて、第二子が生まれても認可ではなくこちらに入れたいと思うほど。

川崎市の保活では認可外も選択肢に入れた方がより確実になりますので、認可外について特に詳しく書きたいと思います。

川崎市の保育園の種類の全体図

認可と認可外の違い

保育園を分類する方法はたくさんありますが、まず大きく保育園を2種類に分けるとしたら、認可と認可外です。

認可は国が認めた基準を満たしているか、それに準じるもの。認可外はそれ以外です。

施設の広さ、保育士等の職員数、給食設備、防災管理、衛生管理など国が定めた設置基準を満たし、都道府県知事に認可された保育所。コトバンク

そう聞くと絶対認可に入れたくなるけど

そこは焦らず順番に知っていく必要があります。認可保育所は、自治体が入園する世帯を決めるためいわゆる点数が高い家庭にしか利用することが出来ません。また、サービスや保育料を取っても認可外の方が良かった、というケースもあります。また、認可外の中にも国や自治体の基準に沿って設置されるものがありますので、一概に認可外を危険視する必要はありません。

実際に我が家のムスメは認可保育所に入れずに認可外の保育園に通っていますが、保育料は認可よりも安く抑えられる上に非常に質の良い保育を受けられているので、満足度が高いです。

保育園の種類の全体図

まずは、川崎市が発行する「保育概要」という資料を元に全体像を俯瞰する図解をしてみました。
認可がオレンジ、認可外が青になっています。

こうやってみてみるだけでも種類が多い!しかも地域型保育事業と地域保育園など、似た名前のものがありますので、ややこしさ倍増。

川崎市の保育園の種類

先程分類した認可と認可外の違いでは、国の基準を満たしているか、を取り上げました。もう一つの大きな違いが、「誰が利用者と利用料を決めているか」です。

認可は誰がどの保育園に入れるか、それぞれの家庭がいくら保育料を負担するかは川崎市が決めます。一方、認可外は(おなかま保育室を除き)、保育園が独自に決めますので選考方法も保育料の設定もさまざまです。

川崎市の認可保育所の種類

認可保育所

一般に保育園に入れないだ、待機児童だと言われているのが認可保育所の話。みんなが入園を目指している保育園です。認可保育所が利用できるかを決めるのは利用調整基準と呼ばれる点数です。

川崎市の認可保育園の点数・利用調整基準を知ろう
川崎市の保育園に入りたい!認可の利用調整基準(ランクと指数)を知る川崎市の認可保育園で内定を取るために、利用調整の基準となる点数を図解つきで徹底解説。...

もう1点、気になる保育料。保育料はその世帯が支払っている住民税の額(夫婦の合算)によって決まります。これが0円〜最大8万円以上までと、ものすごい幅があります。自分の利用料が分からない場合は、6月ごろに配布される住民税のお知らせを夫婦分持って区役所に行くと、計算してもらえます。

まめか
まめか
8万あったら高級な認可外保育園にも通えそうな気がしてきた

認定こども園

認定こども園は幼稚園に認可保育所がくっついていると考えていると分かりやすい。保育所の設置基準は認可保育所と同じですので、認可の一部です。

保育園に通わせているのに幼稚園のような「幼児教育」が受けられるのが特徴となっている園が多いのがポイント。ただし、幼稚園というある程度敷地が必要な場所であるためか、駅から近い園が無いところが残念なところです。

まめか
まめか
自分が幼稚園通っていた親にとっては、近くにあればラッキー

小規模保育事業

認可のうち認可保育所と並んで候補に上がるのが小規模保育事業。認可保育所の設置基準よりも定員が少ないから「小規模」。AからCまであり、それぞれ保育士の配置基準が異なります。小規模BとCは認可保育所の利用料よりも若干安い(最高で6万5千円位)のがありがたいところ。

5歳まで預かってくれる認可保育所と異なり、2歳クラスまでしか無い点は注意が必要です。3歳クラスに上がるときに別の保育園に転園するか、幼稚園に入園することになります。

ただし、保育園に転園を希望する場合は、川崎市が転園先を確保してくれます。必ずしも近い保育園ばかりで無く、車でないといけないところも挙げられたと実際に転園した友人談。ただし、その友人の場合は最終的に近隣で新しく開設される保育園に転園が決まっていました。

川崎市の認可外保育園の種類

認定保育園

認可保育所、小規模保育事業に代表される地域型保育事業は国の基準によって設置が認可されるものですが、川崎市が独自の基準で認定している保育園が認定保育園です。東京都では認証保育園、横浜市では横浜保育室と呼ばれているものに似ています。

認可の利用基準で満点が取れない世帯は認定が次に調べたい保育園。

まめか
まめか
最近、認可保育所に移行することが多くて数が減ってきているのが気になる

利用者は保育園が選考します。選考方法は、我が家が保活した時点で調べたところで、3パタンありました。

  • 先着順
  • 一斉電話予約(チケットぴあを思い出す)
  • 面接と書類で選考

利用料は保育園が決めますが、激戦区でも認可保育所の最高8万円を超えるところは数えるほど。加えて川崎市から月1〜2万円の補助が出ます。認定が認可より安くなるケースが出るのは世帯の所得にもよりますが、このため。

2歳までの園の場合は保活を2回しなければいけない点は考慮が必要です。在園していた期間に応じて認可の点数に加算がつきますが、認可の小規模保育事業のように川崎市が転園先を斡旋してくれることはありません。

企業主導型保育所

意外と知られていないのが企業主導型保育所です。川崎市のウェブサイトにも一覧が掲載されています。

企業主導型保育所は、保育所を管轄する厚生労働省ではなく内閣府で示された方針に則って企業主導で保育園を作ろうという事業。事業所内保育所のように企業や医療機関の中にあるわけではなく、認可保育所や認定保育園をやっている会社が運営している場合もあります。

契約する企業で働く親の子供が優先的に入園できますが、「地域枠」といって契約企業以外の世帯でも入園できる園があります。世帯によっては保育料が認可や認定よりも安くなることがあるのはメリット。ただし、認定保育園と同様に2歳クラスまでの園でも連携先への転園などが確保されていない、2018年に園児が集まらずに休園した企業主導型保育園があった点はデメリットとして知っておくべきポイントです。

地域保育園

最後に地域保育園は、国や自治体の認可・認定ではなく「届出」だけがされている保育園。さらに届出外の医療機関などに設置される保育所などもあります。

英語教育やサイエンス教育、モンテッソーリ教育などの特色を出している高級な保育園や、逆に保育の質に「?」な園があったりと玉石混交。保育料も数万円から10万円以上というところも。

入園を検討する場合は、見学や通っている知り合いの口コミなどを参考にしてよく検討することをお勧めします。大切な我が子を危険に晒すことにならないように。

まとめ: まずは認可の点数を調べるところから

全体感に加えて6種類の保育園を具体的に見ていきましたが、これでも取り上げきれなかった保育園もあるほど、種類が多い。

まめか
まめか
いやー、記事分割すればよかったと思うほど、長くなっちゃったわ

まだまだ、家庭的保育事業とか、おなかま保育室とか取り上げきれないタイプもあったのですが、断念。まずは上記に挙げたものの中から通える範囲にある園をピックアップして選考方法や見学の予約方法を確認してみてください。調べてみて厳しそうであれば、ここに掲載されていない種類の保育園を見るのがワタシの考える順当な手順。

中でも、認可保育所の点数を満点持っている方は認可を優先的に調べる。満点持っていない方は認可外を優先的に調べるというのが無駄な動きを抑えられるかな、と思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。ポチッと押していただけると励みになります。
先輩ワーママのみなさまの生産性の高い生活術を知るなら、
こちら

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ミニマムな時間とコストで気持ちの良い生活を送る秘訣を知るなら、
こちら

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

更新情報をいち早く入手するには、